イメージ

家庭教師はおすすめ

学生の受験といえば高校入試や大学受験が一般的ですよ。首都圏には多く私立の中学校が存在し、毎年私立中学を受験する小学生がたくさんいます。

私立の中学受験を受けるということは小学生のうちから受験勉強をすることになります。小学生は遊びたい年頃ですし、受験をすることで身近な友達とも遊ぶ機会が少なくなるという現実がありますが、将来のことや中学校生活のことを考えて私立中学へ進学させたいと願う保護者の方は多くいます。

私立中学は高校と一貫しているのがほとんどで、高校入試をしないところもあります。多くの私立中学の設備は整っていますし、学校方針に沿って教育がされています。勉強は先取りで教えてくれますので、高校2年生や3年制の1学期には高校の教育課程が終わり受験対策へ入ります。私立の中学へ入学すれば高校と大学が併設されたところが多いので推薦で進学できますし、受験対策によって難関といわれる国公立の大学へ進学する人も多くいます。

このように私立の中学へ進学するということは将来を考えたらメリットは大きいと言えます。しかし小学校の勉強だけで私立の中学に受かることは難しいため、受験を希望する人の多くは学習塾や家庭教師を雇います。学習塾と家庭教師を合わせて受験に取り組む人もいるのです。家庭教師ならば一対一の学習ですので、その子にあった学習法で勉強できますし、忙しい受験生が通うという時間も省けて、その分時間を有効に使えます。親御さんは塾の送り迎えの時間に振りまわされないというメリットもあるのです。

家庭教師はおすすめ

私立の中学校はいじめが少ないといわれています。学区内の中学校が荒れているから私立に通わせたいという保護者の方もいれば、設備が整った私立の中学校に通わせたいと願う方もいます。私立の学校は教育方針のもとにカリキュラムが組まれていて、学校行事にも反映しています。そして一番多い理由はやはり大学に備えての受験なのではないでしょ・・・

有名私立中学の受験に備えて学習に取り組むのはだいたい小学校4年生からが多いです。学習塾と合わせて家庭教師を雇う家庭もあります。 家庭教師といっても大きな会社から小さな会社までそれぞれたくさんあります。料金は交通費を支払うところ、年間費があるところ、初期費用と月会費だけのところなど様々です。若手からプロの家庭教師まで・・・